交通事故に遭った場合に弁護士に依頼すると、獲得できる慰謝料額が上がるということを聞いたことはありませんか?

 

これは事実です。

 

弁護士が介入することによって、慰謝料額が増える可能性は高まります。

 

慰謝料の基準には、①自賠責保険基準、②任意保険基準、③弁護士基準の3種類があるんですが、金額は、①→②→③の順で高くなります。

 

弁護士が介入した場合、当然、③の弁護士基準を使って保険会社と交渉を行うことになるので、弁護士に依頼するだけで慰謝料額が大幅に増額される可能性があります。

 

後遺障害が残った場合の慰謝料額を見てみると、弁護士基準とその他の基準との間に大きな差があることがわかります。

 

たとえば、一番軽度な後遺障害等級14級であっても、自賠責基準は32万円、弁護士基準は110万円で、その差は実に78万円にもなります。

 

後遺障害等級10級であれば、自賠責基準は187万円で、弁護士基準は550万円です。差額は363万円と極めて大きな金額となります。

 

さらに重い等級になれば、よりいっそう差額は大きくなります。

 

このように、後遺障害慰謝料は弁護士基準とその他の基準とで大きな差があるのです。

 

また、慰謝料には後遺障害慰謝料のほかに、入通院に対する慰謝料もありますが、こちらも弁護士基準の方が高くなります。

 

ですから、交通事故に遭われた場合は、ぜひとも弁護士に相談・依頼されることをおすすめします。

 

当事務所では交通事故案件に力を入れておりますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

 

☆吹田市・摂津市・豊中市・箕面市・茨木市・高槻市の法律相談なら弁護士法人千里みなみ法律事務所吹田オフィスまで。

☆離婚、遺産相続、交通事故、債務整理(破産)、不動産問題、損害賠償請求などお気軽にご相談ください。