自分は養子なんだけど、他の実子相続分の半分しか受け取れないのでしょうか?

 

という質問を受けることがあります。

 

この方の認識は正しいのでしょうか?

 

 

ある家族を例に考えてみましょう。

 

 

お亡くなりになった方(A)には妻B、実子C、養子Dがおり、遺言はのこされていませんでした。

 

Aの遺産としては、預金が2000万円ありました。

 

ここで、妻Bの相続分が2分の1ですので、Bは1000万円を相続することになります。

 

 

では、実子Cと養子Dの相続分はどうでしょうか?

 

実は、養子と実子には相続分に差はありません。

 

養子であっても、子どもであることには変わりありませんので、相続分には違いが出ることはないんです。

 

 

ですから、先ほどの例でいうと、実子Cと養子Dはそれぞれ4分の1の相続分があり、500万円ずつ相続するということになります。

 

 

☆吹田市・摂津市・豊中市・箕面市・茨木市・高槻市の法律相談なら弁護士法人千里みなみ法律事務所吹田オフィスまで。

☆離婚、遺産相続、交通事故、債務整理(破産)、不動産問題、損害賠償請求などお気軽にご相談ください。