こんなケースを考えてみましょう。

 

Aさん(70歳)には、妻B(67歳)と養子C(40歳)がいます。

 

養子Cには子どもD(10歳)がいます。

 

Aさんはふと疑問に思いました。

 

自分が亡くなったときの相続人は誰なんだろう?

 

これは、単純な問題です。

 

Aさんが亡くなったとき、相続人になるのは妻Bと養子Cということになります。

 

ですが、Aさんはさらに不安になりました。

 

自分が亡くなる前に、万が一養子Cが亡くなっていた場合、Cの子であるDが相続人になるんだろうか?

 

このように、相続人となることが予定されていた者が死亡したことによって、その者の子どもが相続人となることを代襲相続といいます。

 

つまり、DはAの代襲相続人になれるのか?という問題ということになります。

 

この問題については、場合分けが必要です。

 

Aさんと養子Cが養子縁組をした時期とDの出生の時期によって、結論が変わります。

 

まず、養子縁組をする前にDが出生していた場合、たとえば、Dが平成21年に生まれて、AとCの養子縁組は平成25年に行ったというような場合、Dに代襲相続権は発生しません。

 

これに対して、養子縁組後にDが出生していた場合には、出生時においてすでにAとCの血族関係が生じており、DはAの直系の孫ということになるので、代襲相続権が発生するということになります。

 

このように、養子縁組をした時期と養子の子の出生の時期によって、結論が全く異なりますので、注意が必要ですね。

 

☆遺言・相続に関する問題は弁護士法人千里みなみ法律事務所にお任せください☆